2017/04/10

酷暑始まり、ヴァラナシ。

日中の気温が40度をさらりと越える日々になりました。
太陽が力強い。インド人みたい。。。

コツコツと、日々をこなしています。
いろんなことがありました。

一年の半分。
濃厚なヴァラナシの日常。

一度では書ききれない。
成長と苦悩と喜びが、同じようにやってきては消えてゆき、またやってくるのをちゃんと知っていて、拒むわけでも待つわけでもなく、居れる時はちゃんと一緒にいます。


燃えるような午後のヴァラナシ。
辛いのは最初だけ。慣れると意外にも普通に生活出来る。
朝のうちにお買い物を済ませ、後は家でじっと過ごす。

レッスンにもいつも通り行き、グルマーのおつかいをこなしたり、残りの日々がドタバタ忙しくならないように、少しずつ帰国前の仕事をこなしたり。

そういえば太極拳、始めました。
幼い頃から本格的な少林拳を学んだのち太極拳に出会った、スーパーウーマンラモさん。彼女はヴァラナシ家族の一人ですが、そのオーラは強烈。
二人の子供をヴァラナシで育てながら、ここで太極拳と少林拳のシェアをしてくれています。ドゥルパドのためにずーっと習いたかったのですけれど、まさかヴァラナシでとは。
人生って、やっぱりすごい。そして直感から想像していた通り、ドゥルパドとの共通点ばかり。相互に助け合うこの感覚は、本当に貴重で感動ばかり。
なかなかの勢いで私、コミットしているところ。


夜には大きな音楽祭が待っていて、みんな一斉に外に出はじめます。
そんなわけで心はまだまだヴァラナシモード。
最後まで大好きなヴァラナシの仲間たちと、いっぱい楽しみます❤︎
Girija Devi ji最高でした、、、

今回の滞在。
日本に帰ったらまたゆっくり、振り返りたいと思います。

さて、帰国まで3週間ほどになり、少しずつ帰国後の予定が決まってきました。
今年の日本も本当に楽しみです。
できることを確実に、大きな無理はないように。
でも少しずつしっかり前に進めるように、生きたいな。

帰国後のライブの予定、簡単に書いておきます。
詳細はLIVEのページにて。6月分は随時更新します✡
===================
5月10日(水)名古屋市 ヨガの杜 19:30start  with カネコテツヤ(パカーワジ)
5月12日(金)東京日本橋 Creative Hub 131   19:00start with カネコテツヤ
5月13日(土)横浜 Delhi Dining 20:00start(開演までお食事)with カネコテツヤ
6月11日(日)滋賀 詳細後日 with 中川大夢(パカーワジ)
⭐︎大夢はカネコテツヤ氏の愛弟子、関西における期待のホープと初めて共演します⭐︎
6月17日(土)@ODC in 高槻 詳細後日 with グレン・ニービス(タブラ)
⭐︎こちらはタブラのグレン・ニービス氏と村上幸子嬢のodcにて。ドゥルパドのムードをタブラでも魅せてくれる、信頼のおけるミュージシャンと。去年に引き続き再演、楽しみです⭐︎
===================

2016/12/11

ヴァラナシで元気にしています。

とても元気にやっています。

気づいたら5月から、何も書いていなかったと言うことをお顔も知らないある方からご指摘いただくという二重の驚き!!

11月16日にヴァラナシに到着。
まだひと月も経っていないのに、ほんとにいろんなことがありました。

一つ一つちゃんと解決したり、あるいはただ流れてゆく様を一歩下がったところから見つめたり、とにかくとても穏やかに、過ごしています。



今年も間違いなく、学びの多いシーズンになりそうです。


さて、インドルピーショック。思っていた以上に深刻です!
とっても困っています。でも国民は多くの人がこのムーブメントを吉とし、モディさんを応援しまっくっているのでなんかもう、何も言えない。。。。 
そして政治好きのインド人の話は、長い。

具体的に言うと、ATMからの引き出しは一回にRs2000。これはまだしばらく続きそうだし、空港の両替も50ドルくらいまで。家賃やグルダクシナ、大きめの現金が必要な私たち外国人にはなかなか厳しい状況です。


外貨からは両替できます。ただレートがびっくりするくらいに悪いのでどうしても渋ってしまう。ATMの手数料は馬鹿にならないし、なんて言ってると気付いた時には財布の中身がRs50。ATMに行ってもなかなかの列、あるいは午前でキャッシュ切れ。あとはやたらくっついて並びたがるインド人に、辟易、、、、 

まあなんだかそんな、厳しい状況ですけれど、
なぜか問題なく元気に毎日、過ごしています。
なんとなくそこがやっぱり、インド。


それよりも気になるのは「大気汚染」。
今まで感じたことのないどんよりとした、明らかにいろんなものが混ざっているのがわかるいや〜な空気、ひたすら吸っています。。。


声を使う人間には、どんどんタフになってゆくインド。
とても辛い。。。

いよいよここから、さらに経済的にも成長し地球を汚してゆく、危険な大国になりそうです。

大変革期。
今年のこの大きな流れの中で、ここにいる外国人の私たちは、恐ろしかったり楽しかったり嬉しかったり悲しかったりしながらも、その変化にちゃんと気づき、それを黙って遠くから見つめて、ただひたすらに自分がやるべきことをこなし、日々を過ごしています。


孤独を温めていた数年前の自分も好きだけど、
仲間に癒される自分も好き。
本当に、救われています。
そしてやっぱり、内に向く独りの時を、さらに大切にしようと思っています。



そしてそんな中で私は!どんどん英語力を上げていっております。
今シーズンは、分厚い文法書に朝、必ず目を通すことを日課にしています。

書くわけでもなくただ流し読み。
でもこれが面白い。どんどん入ってくる。
「あぁ、そこ謎に適当に使ってたけどそういうことねw!」とか、「それもう20年近く放置してたわ〜、、」とか。挙げるとキリがない。
そして私以外のすべてがその実践対象になってくれて、とても心強い。まだまだやれる。こんなにも出不精の、私の世界はどこまでも広い。


さて、すっかり寒くなりましたヴァラナシ。
早朝のお部屋も16度くらい。



インドのお家は部屋の中が涼しくあるようにできているので、冬家の中は日本より寒いのです。あぁ、とても辛い。。。

今日グルジーが冬休みで外出するので、私もしばしお出かけします。
まずは、先日行われたタブラのコンペティションで井戸ちゃんがヴァラナシエリアで見事優勝しましたもので、ラクノウで開催される決勝大会に遊びに。

そこからグジャラートへ布の旅。
今年も楽しみで仕方ない!!今年のチョイスはさらに良くなると思いますよ❤︎
待っててね。 


では、またいっぱい書きます。
ちゃんと書きます。 

12月8日 
なお ヴァラナシより愛を込めて

2016/05/25

幸せ、ありがとう!!


まるまる1日と少し、たくさんのうれしいうれしいお誕生日のメッセージ、堪能させていただきました。

みなさま、本当にありがとうございます!

土曜日から続いたライブをいっぱい楽しんで、その後にまだあんなに美しい笑顔ばかりの1日が待っているなんて思っていなかったから、幸せを噛み締めています❤︎

とても神聖で照れ臭くて、幸せな日。


いろんなこと、あんまりうまくはできないし、小さなことにも大きく反応してしまう。自然にも人の心にもたくさん揺れる。でも振れれば振れるほど、振り子みたいにあちら側もこちら側も、もっともっと広い世界を目にすることができる。
それはやっぱり素晴らしいことで、女に生まれてよかったな、と思うのです。


お誕生日までの数日は、幸せな人たちに囲まれました。
パートナーや友人同士、夫婦や親子に姉弟。
人とのいろんな関係を、一つ一つ丁寧に扱うみんなの様子を、ほんとに楽しんだ。
そして学んだ。
相手から受け取る誠実な心がちゃんと響いて、またその心に誠実に戻っていく。
それがどんどん膨らむと、もうふたつの間では収まりきらなくて、他に広がっていく。

ごくごく自然に。

あまりにも美しいので、こんな風に人を愛したい!とこの数日何度も感じたけどふと考えると私、もうすでにちゃんとそんな関係を築いていたし、それ以前に一緒にいるこの人たちのことこんなにも愛しているじゃないの!と思って、可笑しくなった。
灯台下暗し。

みんなそこで、キラキラ輝いている。



自分の非を認めること。
素直でいること。
自分を赦せること。

全部同じこと。



誠実に、生きていきたい。
けっして眩しくない暖かい光で、誰かを照らしたい。
人を幸せにしたい。


そう思います。
ありがとう。

愛をこめて。。。

なお


滋賀立石さん宅にて、ちえちゃんとこうくん。






@なやカフェ ニューアースのふたり。あゆむくんの可愛いお顔。。。

ターバンおじさんfromラジャスターン

これまじ可愛いよね。

ちこちゃん❤︎❤︎❤︎ 
お歌の味方。たっちゃん幸せをありがとう。なおがこんなに嬉しくなるなんて、衝撃的。



2016/03/19

ただいまニッポン。

今年は大きな病気もなく!無事帰宅しました✡✡
予定より早い帰国が急に決まったので、後半はもう夢を見る暇もないくらいに忙しかった。

でもやっぱり、自分がすべきことをしっかりし納めた充実感に満たされて帰国便に乗れたこと、それが何よりも嬉しくて、こんな状況の私を支えてくれた近しい人に、感謝の気持ちでいっぱい❤︎

さて今年は。
朝日を浴びながら歌ったり。写真はインドに忘れてきた。

翌日新聞ではしかめ面のどアップ、なぜ。。。

謎のようこそ。
写真隣の男の子は「ノブヒロ」と名前が書かれているのだけれどまったくの、別人。。

ドゥルパド・メーラーはきっと、一生忘れない。
自分のステージを最終日に控えていたから、できるだけ余計な思念を取り除いて、純粋に耳を傾けてみた。
それぞれの持つ華や努力、血や才能。そういうものと音のつながりをゆっくり見つめたら、すべての演奏家の美しさが透き通るように目に映って、心が大きく揺れ動いた。
感動した、ということ。心から。

初日はグルジー、Pt. Ritwik Sanyal。
この貫禄や存在感… 
ドゥルパドについて語ったら、この方以上の人がどこにいるでしょうか。
今シーズン、明らかな新しい世界への前進を見せてくれた。
9月、来日します。
WSやコンサート、絶対絶対お見逃しなく。

Wパカーワジで。
右はカネコのテツさま。やっぱりグルジーのそばには、この方がいないとね。
左にはスカッド・ムンデくん。
インドのパカーワジ界は今、スカッド王子ブーム。なのかはわからないけれど、私、大ファン。今年のメーラーは彼に叩いてほしい人たちだらけ、スカッド祭でした。はい。


次はこちら。
最高、最高、もう完璧。
Ustad Sayeeduddin Dagar、ダーガル流派の最年長。


次はUstad Wasifuddin Dagar、上の方のいとこ、の息子(のはず)。ちょっと複雑。
スーパーリラックスの超人。

今ドゥルパドを大きく広めるため、たぶん一番活躍しているお方。
Gundecha Brothers。またWパカーワジ。


そして小さい、私。
いつになくのびのびと。
こんな素晴らしい方たちと同じステージで歌えるなんて、夢のよう。
ここまでに起こったすべての事、大げさではなく、この日の為だったのね、と思ふ。
神様からのプラサードだと、 確信したのです。

外国人にとって最大の壁、言葉・発音。
声楽をインド人の前で演奏するということは、想像以上にハードルが高い。
この口元からいかに彼らに正確に伝わるか。
これがないと、その先の音は聴いてもらえない。何だかこっぱずかしくなっちゃうもの。
とても厳しい世界。
さて、どうだったかしら。
でも何より私、本当に楽しかった。そして一緒に楽しんでくれた人たちがいたことを、ステージからたくさん見た。幸福な幸福な、最後のヴァラナシの夜になりました。


メーラー出演の翌日には、もう飛行機。

少しずつ、久しぶりの誰かに会うことで、日本にいることを実感し始めています。
愛されていること、体いっぱいで感じて美味しいもの食べて、新しいことをどんどんクリエイトしながら、今年も私の日本シーズンはじまりはじまり。

今月は23日、満月マルシェにて布のお披露目出店予定。

4月は初心者向け「声のワークショップ」を2本。
16日(土)六甲 kachua 10:00〜
23日(土)京都 民族楽器コイズミ 11:30〜

5月4〜8日 関西ライブを数本。
 7日 京都 一乗寺 village 「インドナイト」
 8日 枚方 星ヶ丘洋裁学校 「音のヨーガ・ドゥルパド」 15:00〜
21日 滋賀 

6月4日(土)Odissi Dance Center ODC 「Voice & Strings」声楽とシタール

などなど、ただいま確定中でございます。
詳細はまた、次回。。。 


毎日毎日キラキラ。
一人の人間として、一人の女として。
輝いていたいと思っております。

真っ暗闇の、お月さまのように。









 

2016/01/19

ヴァラナシ寒い冬。

改めまして。
今年は暖冬だとか言って、喜んで帰ってきたけれど、少し冬に逆もどりのヴァラナシ。

そんな寒いヴァラナシからちょっと抜け出して、生まれて初めてインドの南の方へ行ってまいりました。
ゴアの少し南、ゴカルナというところ。


しかしインドは、大きいな。。。
48時間2400kmって、もうちょっとよく分からない。
食が変わって言葉が変わって文字が変わって目まぐるしくて、なんというのでしょうあの、なんとも心もとない感じは。独りドギマギ、したのでした。

ドゥルパドに出会って8年目。
音楽修行中にちょいと旅に出たのは、初めてのことだったのです!!

とても新鮮。

ドゥルパドがすっかり体の中に住まい始めて、私の人生は変わった。
音を通して幸せと悲しみと苦しみと、まあいろんな感覚がそれぞれなかなか強烈にやってきて、私はそうやって自分の繊細さを、育て愛でているのだと気づきました。


そいでこのとてつもなくニヒルな「感情」てやつが、なんだかやたらと愛おしいヒトという生き物を造ってるのだと思うと、あぁ…なんか、みんなのことが好きだーー、となりました。
鼻の下まですっかり浸かって、ゴカルナの海の中で。
はい。

 そういえばガンガーで沐浴する水牛さんはきっと、あの景色が好きなのね。。。
水が目の前でぷるぷる揺れて、ぬるっととろっとして、柔らかい大地がこちらに迫るみたいで、暖かくて。

ま、泳げないから私はちょっと海、怖いのやけど。

さてさて、海をたっぷり味わって、毎日美しすぎる夕陽を浴びながらみんなで音楽を奏で、いっぱいいっぱい堪能したけれど、結局最後はヴァラナシに帰りたくなってしまい、帰りの48時間もやっぱりドギマギ、したのでした。


そんなヴァラナシ、ここから色々盛りだくさん。
まずは月末、ヴァラナシが生んだ偉大なパカーワジ奏者、シュリカント・ミシュラ氏の追悼コンサート。
濃厚なドゥルパドだらけの日々。想いというのはやっぱり、すごい。
なんでもできる気がする。
愛しのウダイさまに会えるので、私今から鼻血が出そうだ。
去年みたいな微妙な表情に、なりませんように…


グルジーとのレッスンは、どんどん濃厚になってゆきます。
もはや「どんなレッスンなの?」と聞かれても答えるすべがない。
濃くて眩しくて心地よい。
そしてするべきことはどんどん明確に。

まだまだたっぷり、私とヴァラナシはお別れすることなく、もう少し続きそうです。。。

2015/12/05

醜いヴァラナシ、美しいヴァラナシ。

あと数日したら、日本からあの彼がヴァラナシにやってくるのだそう。
先日はその類のご連絡を4本も頂き、街はすっかりウェルカムモードにございます。

14億のうちのほとんどのインド人が何も理解していないと思って…
しっかりしっかりこんなものが結ばれようとしています。

日本がダメなら今度はインドでまたお金儲け。
尽きないものです。留まることなく、次から次へと。

彼が訪れようとしてるヴァラナシは、どこもかしこもゴミだらけ。
悪臭を放つ小さな川は、ぶくぶくと泡みたいに沸き立ち毒は垂れ流し。
それはぜーんぶガンガーへ、そして海へ。

私のすぐ近所では、今日も酔っ払いの旦那が嫁を、恐ろしい顔した母親が子供を、学校では教師が一生懸命走る子供たちを平気な顔で殴り蹴り、「これは文化と歴史なのだよ。ほら、ラーマーヤナにも書いてあるじゃない。」
とさらりと言い、毎朝気持ち良さそうな顔をしながら神様にお祈りする。

都合の良いダルマと矛盾を抱えたまま、インドはぐんぐん迷走中。
そんな国にも新幹線、そんな国にも原子力。
なんてdevelopedな響きですこと。
そんなものよりこの国に必要なのは教育、です。


とか思いながら、それでも今日もここに居る。
まだまだこれからも、きっと居ます。

何があってもこの生活から学びは、消えないものですから。
悲しいわけでも嬉しいわけでもなく、ただ正しく真実を知り、理解したい。

世界を、宗教を、肌の色を、意思の違いを、言葉を、祈りを。
ただ愛でもって正しく受け入れ、もっともっと、理解したいのです。
こんなにたくさんの国が、人が、奇跡みたいに美しく交わるヴァラナシで、

どこで誰と居ようと見失うことのない、正しい「真ん中」。



おまけ。

決してあぐらはかけないけど素敵なものを提供してくれるヴァイオリンのお兄さんと、
お上品で説明上手なタブラのサンジュ・サハイさんのミニレッスンとエレガントタブラ。

タブラも好きだしおひまだしという方、どうぞ。。。 

2015/11/14

幸子嬢とDiwali。

オリッシーダンサーの幸子嬢、初めてのヴァラナシに大はしゃぎ。
いろんなとこで、ポーズ。


あんなにインテンスなお寺に連れて行って、あんなに喜んでくれた人は初めて。姉御…

ジャガ様前

今シーズンはいろんな人が訪れてくれるので、今からとても待ち遠しい。

歌う以外に正直することはあまりない。
なんでもないあまりにも普通の、なのに異常なくらい人間の心をくすぐる、謎だらけのヴァラナシ。
美しいガンガーが流れる、ヴァラナシ。

誰か来てくれると、大好きな水牛さんを追いかける元気だって出ますから。


 さて、11日はディワリ(दीवाली)という大きなお祭りでした。
ラクシュミーという女神様にお祈りする、インドの新年。

軒先にキャンドルを灯すの。ひとつ、ふたつ。
光の、祭り。

元々は火だったのが、いつの間にかお下品なライトアップで町中が飾られるようになって、光のお祭りというよりも今は「爆竹で遊んでもいい日」みたいなヴァラナシ。おいっ。

近所のマンション

夜から私が目覚める頃まで、まるで戦場かしらと思うような音が鳴り続けます。
インドはどうなっていくのかなとか思ったりするけど、祈りもきっとインドの音楽と同じで、ずっとずっと続いていく。静かに激しく、消えることはないのだー。


さてさて、ドゥルパドライフはというと。
グルジーから、たぶん弟子入りして初めて、ある一定の練習法を頂きました。
それぞれのラーガを磨いていくのにとても良いもの。
ちょうどどうしたものかなと思っていたところ、すっかり視界が開けた気分の近頃。

のはずが昨日突然の発熱に襲われました。
わお、恐るべしヴァラナシ菌。
ゆっくり療養しましたので、明日からまたフルパワーー!!